つみき

エクステリアだけでなくインテリアにもこだわった注文住宅を建てよう

北欧の家づくりを日本に

家

スウェーデンハウスは高気密で夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。スウェーデンから技法や建材を取り寄せて建てる家です。大きな三角屋根と窓が特徴で遮音性も高くなっています。木製サッシの3層ガラスが断熱性を高めます。また24時間熱交換排気システムで室温を一定にして快適に過ごせます。

View Detail

冬暖かく夏に涼しい家

内観

山形市内でも一戸建て住宅に住む人の割合が高く、毎年多くの注文住宅が市内各地に建てられています。寒暖の差が大きい気候特性を考慮すると、注文住宅を作る際にも冷暖房システムが重要になってきます。住宅デザインもさることながら、快適な住環境を実現するにはしっかりとした冷暖房が欠かせないのです。

山形のように、冬の寒さが厳しく夏も気温が極端に上昇しやすい盆地性気候の中では、冷暖房のシステムが完備した家ほど快適性が増すものです。注文住宅ではある程度の敷地面積の上に一定の部屋数を備えた一戸建て住宅を建てることになりますが、基本的には部屋数ごとに空調設備が必要となります。部屋数が多くなればそれだけエアコン等の設置台数も多くなりますし、場合によってはトイレや浴室・脱衣所・階段といった場所にも冷暖房が必要になります。現在ではそれらの冷暖房機器を集中的に管理できる全館空調システムが、一戸建て住宅でも多く導入されるようになりました。注文住宅では吹き抜けなどのデザインを採用することが多く、すべての室内空間を快適にするためにも全館空調システムを導入した方が有利となります。山形市エリアにもこのような全館空調システムに対応できる住宅メーカーや工務店は多数ありますので、家を建てる際には検討してみるといいでしょう。冷暖房システムと断熱材によって気温の変化を可能な限り吸収できれば、快適な住環境が実現されるものです。寒暖の差が大きい山形市にあっても、冬暖かく夏は涼しい環境の中で健康的に過ごすことができるようになるのです。

戸建ての生活を思い描く

住宅

インテリアと相性の良い一戸建てを建てるためには、内装の規格に注意する必要があります。茅ヶ崎で内見できる一戸建てを購入すれば、家具を置いた後の青写真が描きやすいでしょう。また将来子供を育てるかどうかによって、一戸建てに必要な設備は変わります。

View Detail

ハウスメーカーとは

間取り図

ハウスメーカーで愛知に注文住宅を建てる場合、まずは住宅展示場に一度は行ってみましょう。それぞれの会社の良さが出た家を見る事が出来ます。ただ、ハウスメーカーで家を作るという事は、全てその会社に任せる事です。複数社見て、慎重に契約する必要があるでしょう。

View Detail